ピラティスとは? What is Pilates?


ピラティスはもともと、第一次世界大戦のころ、ドイツ人医師、ジョセフ・ピラティス氏が、戦場で負傷した兵士たちが自力でベッドから起き上がれるようにとリハビリのために考案したエクササイズです。  

通常の一般レッスンでは、姿勢の要である体幹・コアの正しい位置を学びながら身体を動かし、日常生活のクセで知らず知らずに歪んでしまったカラダを再教育していくプログラムです。

基本的には、胸式呼吸を用い、一呼吸一動作で、静的時間がなくテキパキと楽しく動的に動いていきます。 ヨガやバレエ・エクササイズが主に基本となっていますので、柔軟で美しい動きが身についていきます。 

ピラティスは、歪みのない機能的な身体、しなやかで長い筋肉、凛とした美しい姿勢をつくることから、 リハビリのみならず、ハリウッド女優、モデル、バレエダンサー、アスリートなどの間でも、日常的なトレーニングとして、広く取り入れられています。  関節に負担を掛けないで動くので、年齢に関係なく、シニアの皆さんでも安心して取り組めるトレーニング、リハビリ、 ボディメイク系エクササイズです。 

当法人が運営する東京都町田市のリシケシ・ヨガシャラでは、ヨガをベースに考案された、ピラティスを一般レッスン及びインストラクター育成コースを通じて、健康増進や社会福祉の充実の一つとして活用しています。

 

ヨガとピラティスの違いは?

リハビリ目的で考案されたピラティスでは、しっかりと機能的に調整された体幹・コアが日常生活の動作全般において、とても重要であると考えられています。つまり、コアの骨格(骨盤・脊柱・肩甲骨)を支えるインナーマッスル(深層筋)の強化が重視されているのが特徴です。大きな可動域(関節の動く範囲)を使って身体へ余分な負担をかけることなく、繰り返し、コアを安定させながら、手足が動かすことによって、姿勢改善へと繋がり、日常動作に無駄をなくし、身体のパフォーマンスを向上させたり、ケガの予防に大きな効果を期待できるようになります。

 

また、ヨガも本来は、美容やダイエットを目的としたエクササイズではなく、悟りを目的としたインド発祥の思想体系に根ざした精神修養・肉体鍛錬の方法の一つです。宇宙観・自然観を含む思想と瞑想、快適で安定した心身を実現することをとても大切にしています。ピラティスがヨガのポーズをベースに考案されたため、ピラティスとヨガは同じか、似ているものと誤解されやすいですが、実際には、身体を動かす目的がまったく異なります。

 

ただ、ピラティスのエクササイズを繰り返し、地道に鍛錬を積むことによって、最終的には、ヨガと同様に、集中力向上、情緒安定や内臓機能の活性化といった効果が得られるの事実です。身体的な変化では、ヨガよりも体の動作をコントロールすることに特化したピラティスのほうが、早く効果を実感しやすいものといえるでしょう。